春の七草

『せりなづな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草』

と詠んだのが、南北朝時代に活躍した四辻の左大臣。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると
四辻 善成(よつつじ よしなり)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての公家・学者・歌人
と、書かれていました。

四辻の左大臣さんの事はよく知りませんが、この「春の七草」よく歌いましたよ。

五七五七七 短歌。
なので、最後の句も「これぞ七草」で七音ですよね。

なのに、「これぞ春の七草」と子供の頃に覚えたので、今でついつい「春の」をつけて歌ってしまいます^^;

南北朝時代っていつですかね〜。
ざっと600〜660年ぐらい前かな。
「秋の七草」は今から1200〜1300年前 万葉時代の歌人「山上憶良」が詠みましたよ。

沢山の歴史の上に、数多の先人の知識の上に、今の私たちがあるのですね。
毎年、何気なく食べている七草粥ですが、今年の「七草粥」。
ちょっと心持ちを変えて、頂けそうです😊

1月7日、明後日♫

あ、忘れるところでした💦
今日のブログは!
「切絵と篠笛で綴る五節句『人日(じんじつ)』をYouTubeで配信しましたよ〜のお知らせです。

お楽しみに〜😄💕

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です